Sun.

ぶらり陶芸の里、益子に行く!

こんばんは。

今日も波乗り出来ませんでした。
まぁ~気持ちを切り替えて、いい波に乗れますように.......

昨日はお天気がいいし、前々から行きたいと
家のらんぼ~のリクエストに答えて、陶芸の里 益子に行って来ました。

茅ヶ崎から、東京~千葉~埼玉~茨城~栃木と1都4県を通る
約3時間30分のドライブ、常磐自動車道から北関東道、友部インターを
下車、国道50号に沿って走り事、20分ぐらいで益子に到着!

益子の無料駐車場に入ると大きなタヌキの焼き物?が出迎えてくれます。
昔ながらの観光地にありがちな感じだなぁ~
と思いつつも、こんな巨大な物をどうやって作ったんだろ。
それに、このタヌキ君のチン○が立ってるじゃありませんか!
元気いっぱいのタヌキだなぁ~
その大きなタヌキの下に小タヌキが沢山並んでおりました。
何だか妙に笑える絵図らにユーモアを感じたなぁ~

そんなイメージを抱きながら、益子の陶芸を見て回りました。

益子

昔から変わらないお店の中に新しい感覚のお店が出来ていた。

個性的な陶器、1点モノ商品(作品)を販売しているお店や
古い工場だった建物をリフォームし、懐かしさを感じさせるcafeや
若いアーティストさん達が絵画や革小物etc......を創作活動している。

これから、新しい感覚のお店が益子を面白くしてくれそうな予感!

外人のアーティストさんがこの地を気に入り、
住み着いてしまった話しを、お店の方からお聞きした。
確かに、日本人が当たり前に思える場所が、
海外に住む人達が見ると、素直にこの素晴らしさがわかるのであろう。

オイラもこの歳になって、この素晴らしさをわかる様になった。
日本の四季のある自然の素晴らしさを....

自然の中で暮らせる環境がとても羨ましく思える場所であった。

東京は、さくら舞い散る感じになって来ていたが、
栃木は気温が低いので、陶芸の里はさくらが満開で綺麗だった。
今年は2回もさくら堪能出来、得した気分に成れた。

春の晴天に良いプチトリップが出来たなぁ!







ここをカチッとクリックよろしくね!
陶芸の町 益子
益子A

古い建物をリフォームした、カフェや自然食のレストランがあった。
とてもおしゃれな空間で、とても落着く雰囲気を併せ持っていた。
海外から来た芸術家も住みついていたり、若手のアーティストもかなり
住着いている様です。

こんな所で、絵を描いたり創作活動出来たら最高の場所だなぁ~
海もいいけど山もいいなぁ~とあらためて思うのでありました。


22:42 | Nature | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑
波ありますよ~! | top | 今日はこんな感じでした。

Comments

# さくらの咲く頃~
maiさん

こんにちは。

そうかもね!

さくらの咲く頃は、
里の山がとってもキレイで癒されました。

湘南とも違う時間の流れを感じ
のんびりした時間を過ごせました。

自分が歳を取ったから感じるですかね。
アメリカも好きだけど日本もいい所ありますね!





by: dodo | 2009/04/13 18:41 | URL [編集] | page top↑
#
日本の山のたたずまい、たまりません。
同じ山でもカリフォルニアの乾いた感じで
あまり魅力がないんです。
by: mai | 2009/04/13 00:56 | URL [編集] | page top↑

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://dodo1173.blog76.fc2.com/tb.php/1320-dee8bdca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)