Thu.

中国上海 田子坊の風景

こんばんは。


今日、8/23上海から帰って来ました。
相変わらず何もかもが熱い中国上海、
今回は前回行けなかった田子坊に仕事を終え行って来ました。
ここ最近、上海の観光スポットとしてすっかり定着した場所で、
中国らしいおみやげ、ファッションアイテム、デザイナーズグッズ、
アート作品がある場所と聞いていたので、興味津々の所でした。

 tagobo5.jpg
tagobo3.jpg
tagobo2.jpg
tagobo4.jpg
tagobou1.jpg

昔からある上海の長屋街と路地裏を残した一角に小さなショップが立ち並んでいた。
場所柄、観光客が多いので、お土産モノとカフェ、レストランが多く
私の期待していたartを扱うショップは2件しか無かった。
しかし、建物や路地から昔のノンビリとした雰囲気が感じられ、高層ビル群に
囲まれ現代のスピードとは異なる隙間に入った様に感じた。


今度、上海に訪れる時は中国現代ARTを見れる場所に行こうと.....!
現地の知人が私の為に探してくれて、
倉庫街の一角にM-50と言う場所ありアーティストいる様だと......?

こんど上海に行くまでに情報収集をするぞ。





☜☜☜ 旅が好きな人、ここをポチッとヨロシクね!
22:59 | 海外情報 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
Sat.

2012/08/04 茅ヶ崎花火大会に風邪を拗らせる。





こんばんは。


今日は朝から雲行き怪しく雷がなり雨が降ったり晴れたり、
波も無く今日は家でゴロゴロ、パソコンの中の写真を整理していると、
8/4(sat)茅ヶ崎花火大会の写真が残っていたので前後するが記する事にした。

この日、サザンビーチ前の友人マンション屋上で花火を見る予定だったが、
夫婦して夏風邪を拗らせ咳、喉の痛み、熱が出てダウン〜!

楽しみにしていた花火大会友人マンション屋上で見る事を断念し、
仕方なく家のベランダから咳、喉の痛みを絶えながら夫婦で
花火を見る味気ない事になってしまった......トホホ

花火の始まる数十分前、家のベランダから富士山が見えた。
fuji.jpg


数分後、空が薄暗くなりパンパンパンと花火を打ち上げる合図の花火が鳴った。

家のベランダからは打ち上げ花火は見る事が出来るんですが、
隣りのお宅の屋根の上にテレビアンテナがあり、
打ち上げ花火の上がった所にアンテナが入っておりますがご愛嬌です。

hanabi.jpg

この花火大会が茅ヶ崎に夏の幕開けを告げてくれる。
暑い夏が続く今年は残暑も続きそうですね、体調管理をしっかりとして
残りの夏を多いに楽しみましょうね!





来年は、体調管理をしっかりとして友人のマンション屋上から花火を見るぞ!
モモカン、来年はよろしくなぁ〜






☜☜☜ 花火が好きな人、ここをポチッとヨロシクね!

19:22 | Event | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
Sat.

鎌倉鶴岡八幡様の蓮の花






こんにちは。


今朝は波が無さそうなので、朝一鎌倉鶴岡八幡様の蓮の花を見に行って来ました。
もっと前から行きたいと思っていながら、足が遠のく鎌倉。
それは茅ヶ崎から道が空いていれば、車で25分もあれば到着するところを、
休日に行こうものなら1時間以上かかってしまうので足が遠のいてしまう。

そこで今朝は朝5時起きで鎌倉に行く事にした、
134号線を江の島方面に向かい海沿いの道を快適にスイスイと走り八幡様前に、
早朝は駐車場もガラガラで22:00~8:00までは1時間100円 で止める事が出来た。
何だか得した気分になれた。 ちなみに8:00~22:00は20分200円です。


この時間帯は地元の方の朝のお散歩やジョギングタイムで、
とても静かな鎌倉に出会えた、早起きは三文の得ですね!

hachiman1.jpg
hasu-2.jpg
hasu3.jpg
hasu6.jpg
hasu5.jpg
hasu4.jpg
shiro-hasu.jpg
hasu-a1.jpg
hachiman2.jpg

蓮の花を見るのに時期が遅かったかなと思いつつ、
鎌倉八幡様の2つある池に咲いた蓮の花を見て廻ったが、
まだまだ莟も付いてい楽しめそうです。

この時期、早起きして蓮の花を見てみるのもいいですよ!

私は子供のころ、祖父とお盆休みにお墓参りに行き、
お寺に掛けられた地獄極楽の絵図をみせらてた事を
今でも鮮明に覚えていて、
蓮の花に囲まれたお釈迦様が鮮明に浮かんでくる。







☜☜☜ 蓮の花が好きな人、ここをポチッとヨロシクね!
13:24 | FLOWER | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑